2013年09月25日

増加傾向にある手口 偽装質屋

質屋を装い違法な貸し付けをしたとみられる「偽装質屋」事件で、県警は25日、博多区の質屋運営会社「ダイギンエステート」「恵比寿」両社の経営者、大山晟徳(せいとく)(62)ら3被告=いずれも貸金業法違反(無登録営業など)と出資法違反(超高金利受領)の罪で起訴=と、2社の元店長2人=3被告と同じ容疑で逮捕されたが不起訴処分=の計5人を貸金業法違反(無登録営業)、出資法違反(超高金利受領)容疑で福岡地検に追送検した。

 容疑は、県知事らの登録を受けずに貸金業を営み、昨年2月と9月、飯塚市の70代女性と久留米市の70代男性2人に、ほとんど無価値のネックレスや指輪などを質入れさせて現金を貸し付け、出資法の上限金利(年20%)を超える利息(女性から2万4000円、男性2人から計11万2000円)を得たとしている。3人は元々独立行政法人福祉医療機構から年金を担保に借金しており、その返済のため借りたという。

(毎日新聞7月26日より抜粋)

最近になって増えた闇金の手口がこの偽装質屋です。

高齢が理由で消費者金融から融資を受けられない年金受給者をターゲットにしている業者で上記のような方法で、法外な金利を得ているそうです。


闇金偽装質屋について相談するなら
ヤミ金問題ひとりで悩まずご相談ください「アヴァンス法務事務所」
posted by dt9ahxxcp at 12:28| Comment(0) | ヤミ金の種類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。